--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/4 焼肉

04:06

iphone_20110405040103.jpg

肉♡
おいしーと聞いて行った割には、意外とフツーだった。
やっぱり山力がサイコーだな!

ボクがSCOTT ADDICT R2を選んだ理由。

09:54

ボクがSCOTT ADDICT R2を選んだ理由、それはジオメトリとフレーム重量(と価格)だ。

Avedio Venus 2008(47)SCOTT ADDICT R2 2011(XS)
シートチューブ470.0490.0
トップチューブ520.0520.0
ヘッドチューブ長115.0105.0
ヘッド角70.571.0
シート角74.074.5
BB下がり68.067.0
リヤセンター410.0405.0
ホイールベース982.3978.0
フレーム重量870g890g


ヘッド角が立ち、ホイールベースが短くなることによって旋回性の向上が期待される。リヤセンターも短くなる。
更に短いヘッドチューブ長でよりレーシーなポジションを取ることができる、と言うかポジションの幅が広がる。
鈴鹿や富士の高速コーナーで怖い思いをしなくなることを祈る。あとは腕の問題ですな。
と言うか、悪い言い方をすればAvedio Venusが「直進安定性を重視しすぎたフレーム」だったと言う事だ。
ここのメーカーのフレームを購入するなら56サイズ以上がいいと思う。53サイズよりホイールベースが短くなる、と言う怪奇現象が起こるから(笑)


今回NEWバイク購入にあたって色々なバイクのフレームジオメトリを比較したが、やはりプロチームへ支給しているメーカーの方がフレームが熟成されてより良いモノを作っている印象を受ける。それに信頼感があって安心だ。
ADDICTシリーズはフラッグシップのRCから最廉価のR4まで同じジオメトリなんです。カーボンの違いのみ。
さすがにRCのフレーム価格36万円には手が出なかった。なので28万円のR2に。
同じカーボンでもCR1を選ばなかったのはトップチューブ520がないのとヘッドチューブ長がADDICTより相当長いこと。


そしてこの重量。やっぱり軽さを取ってしまった。
EvolverやBOMAを決断できなかったのはやはり重量を割り切ることができなかったから。


SCOTTはAvedioを購入する時にも悩んだフレームメーカー。やっぱりSCOTTにしてしまったか、、と言う感想。
予算に余裕があるのならEvolverの2K-Sを試してみたかった。でもねーやっぱりカネナイヨーw


まあ、ジオメトリ云々を語るくらいなら、少しでも練習してエンジン強化しないといけませんね(笑)

明けましておめでとうございます。

20:58

いやはや、すみません。
ブログを1ヶ月以上放置してしまいました。

色々な理由はあるのですが、正直ロードバイクどころではない状況が続いておりネタも少ないのでブログの更新は少なめです。
でもローラーは乗ってますよ!

では。

絶不調

21:21

仕事が不規則なのを理由に、1週間ロードバイクに乗っていない。



乗りたい気持ちよりも、それ以外の邪念に押されて乗る気を失っている。



たまに起こってしまう悪い現象だ。



これを打破するには、、、、、、



そろそろNEWバイクのことでも考えていこうかな、意外と納期掛かりそうだし(謎)



水面下で、いろいろと検討中です。



では。

風邪ひきました。

18:21

起床時、喉に異変を確認。
熱はないけど、結構な寒気。



ハイ、風邪ですね。
無理せず、今日は仕事をお休みして1日中寝てました。



ローラー、今日は無理かな。
思えば昨夜のローラー時に異変を感じたのは、今日の風邪の前兆だったのか。



LSD負荷なら乗れそうな気もするけど、夕飯食べた後の体調で考えよう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。