--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクがSCOTT ADDICT R2を選んだ理由。

09:54

ボクがSCOTT ADDICT R2を選んだ理由、それはジオメトリとフレーム重量(と価格)だ。

Avedio Venus 2008(47)SCOTT ADDICT R2 2011(XS)
シートチューブ470.0490.0
トップチューブ520.0520.0
ヘッドチューブ長115.0105.0
ヘッド角70.571.0
シート角74.074.5
BB下がり68.067.0
リヤセンター410.0405.0
ホイールベース982.3978.0
フレーム重量870g890g


ヘッド角が立ち、ホイールベースが短くなることによって旋回性の向上が期待される。リヤセンターも短くなる。
更に短いヘッドチューブ長でよりレーシーなポジションを取ることができる、と言うかポジションの幅が広がる。
鈴鹿や富士の高速コーナーで怖い思いをしなくなることを祈る。あとは腕の問題ですな。
と言うか、悪い言い方をすればAvedio Venusが「直進安定性を重視しすぎたフレーム」だったと言う事だ。
ここのメーカーのフレームを購入するなら56サイズ以上がいいと思う。53サイズよりホイールベースが短くなる、と言う怪奇現象が起こるから(笑)


今回NEWバイク購入にあたって色々なバイクのフレームジオメトリを比較したが、やはりプロチームへ支給しているメーカーの方がフレームが熟成されてより良いモノを作っている印象を受ける。それに信頼感があって安心だ。
ADDICTシリーズはフラッグシップのRCから最廉価のR4まで同じジオメトリなんです。カーボンの違いのみ。
さすがにRCのフレーム価格36万円には手が出なかった。なので28万円のR2に。
同じカーボンでもCR1を選ばなかったのはトップチューブ520がないのとヘッドチューブ長がADDICTより相当長いこと。


そしてこの重量。やっぱり軽さを取ってしまった。
EvolverやBOMAを決断できなかったのはやはり重量を割り切ることができなかったから。


SCOTTはAvedioを購入する時にも悩んだフレームメーカー。やっぱりSCOTTにしてしまったか、、と言う感想。
予算に余裕があるのならEvolverの2K-Sを試してみたかった。でもねーやっぱりカネナイヨーw


まあ、ジオメトリ云々を語るくらいなら、少しでも練習してエンジン強化しないといけませんね(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. コースケ | URL | -

    おつかれさんです。
    復活おめでとですー。

    スコットいいですねぇ~。
    ボクも実はアディクト狙ってたり・・・www

    なにはともあれ今は練習もぼちぼち頑張ってますが
    貯金も頑張っておりますw

    また一緒にエンデューロ走れるのを楽しみにしています、微力ながらも。

  2. H6YK | URL | -

    Re: タイトルなし

    >コースケくん

    アディクトええよぉ~まだ全くフレームの特性を見いだせるような走りは出来ていないけど。
    パリっとした感じの軽いフレームです。
    今年はレースには出る予定ないのだけど来シーズンあたりには追いついてみせるつもりですんで、見捨てないでね(^^;

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  4. H6YK | URL | -

    Re: タイトルなし

    師範代、フォークは別バラです!
    だいたい300gくらいしますね。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。