--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/26 グランフォンド八ヶ岳2010 120kmグルメフォンド

20:48

前夜祭からスタートまでのブログ記事はこちら


さて、グランフォンド八ヶ岳のスタートが7時に切って落とされた。
しかし、出発は一斉ではなく30秒ごとに10名ずつのスタートなので、1300名全員が走れるのは・・・1時間後!?
なので今年はスタート地点に自転車だけ先に並べている人が多かったなあ。
我々病院チームとtomさんチームは少し離れてのスタートになってしまったので、第1エイドで待ち合わせをすることにした。


スタートしてしばらくは下り坂、「30km/h制限ですよー!」のオフィシャルの注意を無視して飛ばす人多数。
寒くて手が悴んで、ブレーキを強く握れない。
一旦清里駅まで下り、ソフトクリームで有名な清里寮のある道を再び登っていく。
ここの坂、ジワジワ勾配がひたすら続く嫌な箇所。
去年は野辺山駅まで大回りしていたのである程度脚が暖まってからのアプローチだったのですが、今年はまだ暖まる前からのアプローチ。
フツーにきつかったし、すでに押して登ってる人もいた(^^;


八ヶ岳高原ラインに戻ってからは、小淵沢道の駅までひたすら下り。
病院チームとtomさんチームを率いて、ボクがひたすら前を牽いて走る。

iphone_20100923225702.jpg

SMANIEサドルが若干前傾になっているからか?純粋に下りだったからか?レーパンがほぼ新品だったからか?
とにかくレーパンが前にずれこむこと多数。スウィートスポット以外ではパワーの掛かりにくいサドルなだけに非常に走りにくかったけど、メディオペースでひたすら牽いてみる。
途中I田氏がまさかの落車でビックリさせるが大丈夫みたいなのですぐに再スタート。
ほどなく道の駅こぶちざわへ。


ここからは基本下り基調のアップダウン。

iphone_20100926215906.jpg

こんな絶景も見れたりして。


ようやくサドルの座る位置が落ち着いてきた。前傾サドルは下り坂には向かないのか?
登り坂が見えてくると、病院チーム生粋のクライマー、マイケルが喜んで駆け上る。
息も乱さずヒョイヒョイと登っていく様は、今後の大器ぶりを期待させる。
彼にもEVO FITを受けてもらいたいところだ。ICLICが宝の持ち腐れにならないためにも。


平地を牽くのはボクの仕事。
35~40km/hで牽いても、キリコもしっかりと付いて来てくれる。鈴鹿秋が楽しみですね。
tomさんチームは遅れ気味の方がいたので、だんだんとペースが別れてきてエイドステーションごとに顔を合わせる程度になっていく。


今年もエイドステーションの充実振りがスゴイ!

iphone_20100926215856.jpg

にぎりたての塩ニギリ。

iphone_20100926215917.jpg

iphone_20100926220002.jpg

オレンジやリンゴ


iphone_20100926215928.jpg

iphone_20100926215937.jpg

朝摘みレタスや温かいおそば


iphone_20100926220035.jpg

トウモロコシ

他にもクッキーやチョコ、サツマイモのパイなんかも振舞ってくれたりして。
地域一体となってグランフォンドを応援してくれているのを強く感じた。


去年は寄らずにスルーしたエイドが数箇所あったため、キリコが「今年は全エイドを制覇するわよ!」と意気込んでいた、、、ってなわけで今年の八ヶ岳は120kmのロンググルメフォンドと化してしまった(笑)


iphone_20100926220011.jpg

60kmを過ぎた辺りから、後半はほとんどが登り坂。
中には10%を越す勾配なんかもあったりして、、、、非常に走り応えのある後半でした。
うちらはエイドごとにノンビリしていたので、走る時はひたすら前の方を抜いていく感じでした。
しかし、、、マイケルのあの身の軽さは羨ましいわ~。


ところが90kmを超えた辺りからマイケルがブレーキ。どうやらスタミナがなくなったらしい。
ええ、ボクもなくなりましたがなにか?(笑)
最後の難関、甲斐小泉駅から八ヶ岳高原ラインへ向かう坂は2人でヘロヘロになりながら登る、登る、登る。
マイケルはインナーローだったけど、ボクは断固として23Tを死守。負けるわけにはいかない。

ボク「マイケル、もうすぐ交差点(登りの終わり)だぞーー!!!頑張れーーー!!」
マイケル「はいーーーー;;;」

最後はマイケルをも牽いて気合いのダンシング。去年23Tでダンシングしたところを19Tで踏めた。
しかもホイールは去年のDURAではなく、鉄下駄のレーシング7。それでも脚は良く回ってくれた。
これは絶対EVO FITのおかげだと信じている。
この2ヶ月満足にロードバイクに乗れていないので、もっとトレーニングを積まないと!と痛感した。


八ヶ岳高原ラインからは3,4%の緩いじわっとした登り。
脚の終わったキリコをマイケルに託し、適当なペースの集団がいたので入れてもらうことに。
2,3キロ走ったところでボクが先頭になったので、ペースを上げて牽く。
これが結構良いペースで走れたと思う。結局最後のエイドであるまきば公園まで4,5キロくらいずっと先頭で牽きまくって集団に感謝されたw
最後に自分にこんな脚が残っていたのは意外だった。ちょっと自信がつきました。


まきば公園からゴールのサンメドウズまでは最後の激坂!!
ここからはマイケル、キリコの3人で皆を励ましあいながら登る、もう脚は残っていないのはわかっていても登るしかないのだ。
最後までインナーローは封印することができた。


そして最後は3人で仲良くならんでゴール。

iphone_20100926220046.jpg

雑誌の取材まで受けちゃった。掲載される?わけないかw


ゴールしたのは夕方の4時。小雨もパラついていたのですぐに温泉入りに行って即帰宅。
9時には帰宅することができました。


やっぱりグランフォンド八ヶ岳は楽しいイベント、走り応えのあるコースレイアウトも魅力だけどエイドステーションのスタッフや、地域の住民さんからの励ましの声を直に感じることができるのがいい。
食べ物もホント美味しいものばかりだしね。


ってことで、来年も絶対走ります。
また来るね、八ヶ岳!


ブログランキング参加中。
応援ポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイク
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ノブマツ | URL | -

    こんにちわ。
    DNSのノブマツです(笑)

    ブログ拝見して、つくづくDNSを悔やんでおります。
    来年は必ず走りますので、お手合わせお願いします。

  2. マイケル | URL | -

    先日はどうもありがとうございました。
    初挑戦でちょっと不安でしたけど、本っ当~に楽しかったです。

    来年も楽しみにしてますね。今度は負けませんよ~!笑

  3. H6YK | URL | -

    Re: タイトルなし

    >ノブマツさん

    うちらはグルメフォンドよろしく各エイドステーションでマッタリしますけど、そこんとこよろずやです~。
    来年はもっと標高の低いところでやるとかやらないとか、、、らしいですけどね。

  4. H6YK | URL | -

    Re: タイトルなし

    >マイケル

    お疲れさまーーー。
    登りは完全に負けました、鈴鹿は任せた!w

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。