--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二之瀬越 初チャレンジ

18:11

さて、当直明けのテンションの勢いで二之瀬越(正式名称はこれらしい)行ってきました!







AM 9:00



自宅マンション前で同僚と待ち合わせ。

夜勤帰りの私を迎えに来てくれた形となる。

私は一度帰宅(もちろん自転車通勤でしたよ!)し、レーパンとTシャツに着替え、ドリンクと嫁の手作り「おからクッキー」を持って同僚の車に乗りこむ。



そう、二之瀬越まで車で移動することにしました。



IMG_0580




ワンボックスカーは運搬が楽ですね^^







移動すること40分。



IMG_0558


見えてきました!

へー、あれを登るのか。



ちょっっぴり絶望感が沸いてくる 汗



IMG_0569


車から自転車を下ろし、記念撮影。



IMG_0568


同僚のバイクはOCR COMPOSITE2です。コンポはアルテグラが奢られています。

OCRの高級ヴァージョンですな、カーボンフレームが格好いいです。







程なく、本日の二之瀬越企画の発案者であり私をロードの世界に引きずり込んだCOZY先生ら3名のローディと合流する。

3人ともかなりの坂バカのようです 笑





IMG_0559


それでは登坂スタート!

ヒルクライムは初めてなので、できる限り上のギアでマイペースで走ることにしました。



まだまだ先は長いな・・・・







と、思った矢先







砕石所手前の急勾配を過ぎた辺りで、同僚の足がピタリと止まる。

浜名湖ツーリングでは私を寄せ付けない馬力を誇る同僚だが、ちょっと太った? 笑

急に弱音を吐きだし、仕方なく一度下山することに。



COZY先生達はどんどん登坂していく・・・いってらっしゃい 笑





同僚は、ツールド三河湖も無理じゃね?といつになく弱気になる。

下で少し休憩したのち、もう少し上までチャレンジしてみよう、と私が提案する。







2本目スタートです!





同僚のダメな部分がわかった。

すぐに軽いギアに入れてしまうみたい。



私も同僚を引っ張るのだけど、みるみるうちに離れていく。

離れすぎると、一度同僚のところまで戻って一緒に走ってみる。



しかし評判通りきつい勾配であります。

しかもそれが長く続くときたもんだ。



トンネル前の急勾配で足を使い果たしたか、右に大きく回るコーナーの奥で同僚の足が再び止まる。



IMG_0566


2度目のチャレンジも失敗に終わる。





IMG_0564


見てはいけない光景も見てしまう 汗







再び下山。

このダウンヒルがこれまた怖い。

何もこがなくても50キロ近く出てしまうのだ。

テクトロのブレーキでは全く制動力に欠けてしまう、初めてブレーキを交換したい衝動に駆られました。







さてどうする?もう帰る?

と悩んでいた時、登頂を終えたCOZY先生御一行が一緒に登ろう!と声を掛けてくれた。

私にはCOZY先生、同僚には他の2名ローディさんがつくことに。



頼もしい師匠のもと、3度目の登坂チャレンジです!









しかしこの方 実はかなりの鬼軍曹でした 笑







フォーム、ぺダリング、みっちり教え込んでくれましたよ。

しかし、大体は今のままで及第点とのこと。

最近フォームはかなり意識して走っていたので、ちょっと嬉しかったです^^



同僚がついに視界から消えましたが、COZY先生のお仲間がサポートしてくれていることでしょう。

3度目の正直、頑張って登頂するのみです!







途中の湧水ポイントにて



COZY先生「どうする、同僚を待つ?」

H6YK「いや、休むと続かなくなるので先頂上目指します」



しかし、これが思わぬトラブルに。









地蔵さん近くの急勾配を過ぎたあたりで、急に息があがり足が重くなる。

ボトルのドリンクを飲むと、なんと飲みきってしまったのだ。



しまった、もう水分が取れない。

そう思うと、突然ペースが乱れ始める。



あと2枚ギアは残っているが、軽くすれば良いものではなさそうだ。



これは精神的な不安からくるものなのか。

ヒルクライムって、結局は自身との勝負なのね。

なんか、そんなことを今になってひしひしと感じましたよ。







H6YK「先生、ドリンク切れました」

COZY先生「・・・そっか」







そう言うと、COZY先生はクルリと反転し、坂を下り始めた。

なんと、先ほど通過した湧水から水を汲んできてくれたのだ。



5分もすると、水を汲んだ先生が私に追いついてきた。

しかし、この人どんな脚力してるの 汗



ボトルを渡し、先生が水を詰めてくれる。







水分が確保できたことで、パワー復活!

精神的にも楽になり、息はあがるも足は動く動く。







H6YK「先生、こっから勾配きついですね」

COZY先生「あれは錯覚だ、良く見ろ、下り坂じゃないか」



と言って軽々とペダルを急回転する鬼軍曹 笑

しかし、これは愛の鞭なのね。









そしてついに!







IMG_0570


到着です!

やっぱり登頂の達成感は最高です!





しかし、喜びもつかの間。



IMG_0571




COZY先生「君の友達を迎えに行くぞ」






鬼軍曹。。。







仕方なく同僚を迎えに行くことに。

彼は地蔵コーナー手前あたりで必死に登坂チャレンジしていた。





そこで4人で同僚を引っ張ることに。

4度目のチャレンジです!



しかし、何度この坂登るの俺 笑







そして全員で見事登頂を達成!







IMG_0573


みんなでワイワイと談話タイムの始まりです。

初めて会う方とでも、この場所なら会話も弾みます。



IMG_0574


COZY先生、今日はピナレロのプリンスですか。

完成車で100万するそうです。。。すごいや!







さて談話も終わり下山することに。



IMG_0576


こう撮ってみると、いかに急勾配を登ってきたかわかります。

くわばらくわばら。





IMG_0579


立ち寄れなかった湧水ポイント。

ここで水分補給です。

冷たくて美味しかった^^







IMG_0578


COZY先生のお連れの2名のバイク。。

TREKのマドンとNAKAGAWAじゃないですか。

みんなお金かけてるなあ。





でも私はしばらくこのOCR1で行きますよ。

だって、こんな自転車でも立派に二之瀬越チャレンジできるのですからね。







下山した後、COZY先生達と川沿いを軽く流して解散。

総距離35キロと意外と距離稼いでました^^

色々勉強になったヒルクライムでした。





自宅に戻ってビックリ



IMG_0582


IMG_0581


体脂肪10%台突入です 汗







今夜はこれから今●勢で飲み会なので、たくさん食べてきます^^

そして朝までカラオケらしいですが、朝まで起きてられるか自信ありません 笑



ランキング登録しています。「通勤・通学」カテゴリ4位まで上がりましたよ。

1日1回、ポチしてくれると更にランクアップするかも?
応援ポチをお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。