--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者にオススメなロードバイク完成車の選び方(ただし軽量級ライダー限定)

22:06

偉そうなタイトルですいません;;





知り合いの医者がロードバイクデビューしたいようなので、彼に対するアドバイスのような感じで記事を書いていきたいと思います。





初心者がロードバイクデビューを考える際、最も手っ取り早いのは完成車を購入することであるのは間違いありません。

その理由は大きく分けると



・フレーム買いよりも低予算で購入できる。

・各パーツの意味や違いがわからない。



こんなもんじゃないのかな?



確かに低予算で購入できるのは事実。

10万円以下の予算でロードバイクオーナーになるのも夢ではない。

ただここで、私なりの条件を付けていきたいと思います。





ただし、これはあくまで軽量級ライダーの方限定です。

身長165センチ以下、体重60kg以下の方の参考になればと思います。





・コンポは問答無用で105を選びましょう。

・ギヤクランクは50-34T、165mmのラインナップがあるものを選ぶ。

・ハンドルは最初から自分の手に合うものを新たに購入するくらいの気持ちで。



こんなもんでしょうか。

意外と条件が少なかった?



コンポに関してはTIAGRAまたは105のどちらにするか悩むところでしょうが、ボクは105以上の装備がついているものを皆にススメています。

理由はありません。上級グレードのULTEGRAやDURA-ACEも10速です。だから敢えて8速や9速を選ぶ必要はありません。ただそれだけです。





ギヤクランクはコンパクトクランク(50-34T)を選ぶことにより坂道等で威力を発揮します。

平地巡航も30km/hが出来るようになるまではインナーギヤだけで十分です。

ノーマルクランク(52-39Tみたいな)はそれなりに体重のある方、脚力がついた方でないと必要ないと感じます。

クランク長も脚力がつくまでは165mmがオススメです。ひょっとすると170mmでもそれなりに回せてしまうのだろうけど。





ハンドルは、予算に余裕があれば最初から自分のカラダにあったものを別で購入しても良いくらいだと思います。

ハンドル幅とリーチ幅はそれだけ重要だと思っています。

ハンドル幅は400mmや380mm、リーチはショートリーチがオススメです。ショップでカラダの計測をしっかりしてもらってください。

完成車では必ずと言って良いほどノーマルリーチのハンドルがついてきますので、手が小さい方は厳しいと思いますよ!

自分のカラダにあったハンドルだと疲れないしシフトチェンジもしやすいしブレーキも掛けやすいので良いことづくめです。





こんな感じで完成車を選んでいくと、15万円~20万円は軽くかかってきます。

でもロードバイクデビューには、これくらいの金額が掛かってしまうことは仕方ないことだと思います。

更に、ウェア・ヘルメット・シューズ等を揃えていくとプラス10万円近く掛かることを計算に入れると、最低でも30万円くらいは用意していないといけない計算になります。

ロードバイクってお金の掛かる趣味ですね!





でも一番重要なのは、信頼できるショップで買うことです。

どんなスポーツでもそうですが、カラダに合った機材をそろえないと本当の力は発揮できません。

自分のカラダにあった最愛の1台をちゃんと選んでくれる目利きの良いショップとの巡り合いが、最も大切な要素なのは間違いありません。





これ以上の事を書いてしまうと、具体的なメーカーやショップの名前を出さざるを得なくなりますので、割愛します(^^;





あとは自分の力で探しましょう!





応援ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイク
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。