--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/4 焼肉

04:06

iphone_20110405040103.jpg

肉♡
おいしーと聞いて行った割には、意外とフツーだった。
やっぱり山力がサイコーだな!
関連記事
スポンサーサイト

ボクがSCOTT ADDICT R2を選んだ理由。

09:54

ボクがSCOTT ADDICT R2を選んだ理由、それはジオメトリとフレーム重量(と価格)だ。

Avedio Venus 2008(47)SCOTT ADDICT R2 2011(XS)
シートチューブ470.0490.0
トップチューブ520.0520.0
ヘッドチューブ長115.0105.0
ヘッド角70.571.0
シート角74.074.5
BB下がり68.067.0
リヤセンター410.0405.0
ホイールベース982.3978.0
フレーム重量870g890g


ヘッド角が立ち、ホイールベースが短くなることによって旋回性の向上が期待される。リヤセンターも短くなる。
更に短いヘッドチューブ長でよりレーシーなポジションを取ることができる、と言うかポジションの幅が広がる。
鈴鹿や富士の高速コーナーで怖い思いをしなくなることを祈る。あとは腕の問題ですな。
と言うか、悪い言い方をすればAvedio Venusが「直進安定性を重視しすぎたフレーム」だったと言う事だ。
ここのメーカーのフレームを購入するなら56サイズ以上がいいと思う。53サイズよりホイールベースが短くなる、と言う怪奇現象が起こるから(笑)


今回NEWバイク購入にあたって色々なバイクのフレームジオメトリを比較したが、やはりプロチームへ支給しているメーカーの方がフレームが熟成されてより良いモノを作っている印象を受ける。それに信頼感があって安心だ。
ADDICTシリーズはフラッグシップのRCから最廉価のR4まで同じジオメトリなんです。カーボンの違いのみ。
さすがにRCのフレーム価格36万円には手が出なかった。なので28万円のR2に。
同じカーボンでもCR1を選ばなかったのはトップチューブ520がないのとヘッドチューブ長がADDICTより相当長いこと。


そしてこの重量。やっぱり軽さを取ってしまった。
EvolverやBOMAを決断できなかったのはやはり重量を割り切ることができなかったから。


SCOTTはAvedioを購入する時にも悩んだフレームメーカー。やっぱりSCOTTにしてしまったか、、と言う感想。
予算に余裕があるのならEvolverの2K-Sを試してみたかった。でもねーやっぱりカネナイヨーw


まあ、ジオメトリ云々を語るくらいなら、少しでも練習してエンジン強化しないといけませんね(笑)
関連記事

4/3 帰省ライド43km

19:07

iphone_20110403185442.jpg
パイロンジャージを着る。太った身体にWAVE ONEのSサイズが食い込むw
頑張って痩せます。


iphone_20110403185450.jpg
豊田までのいつものルート43kmを走る。
名古屋城の桜は五分咲きといったところでしょうか。



相変わらずLSD強の負荷で、軽く軽く坦々と漕ぐ。
SRAM REDのクランクは本当にヨク回る。平地も登りも。
調子に乗ってモリコロパークの坂をいつものペースで登ったらすぐにバテたwwサーセンwww


身体作りも心肺能力回復もやっぱり半年くらいかけてジックリ戻していきたいと思います。


Dist 43km
Ave.SPD 27.1km/h
Ave.CAD 90rpm
関連記事

走ったら更新する日記 2011年4月

17:29

4月2日(土)長良川左岸練 95km
4月3日(日)豊田帰省(片道)43km

合計 138km
関連記事

長良川左岸練95km 惨敗

17:28

iphone_20110402165735.jpg

自宅~忠節橋~平田ミニストップの往復。桜の咲く138タワーに寄り道。
平地オンリーだったにも関わらず60km越えた辺りで脚ガク&尻痛。。。
今日はこの辺にしといてやんよw
こんなんじゃ、琵琶一できないじゃないか~!!!!

iphone_20110402165804.jpg

今日はギヤをガシャガシャいじってみた。SRAMコンポにもだいぶ慣れてきたよ。
シフトインジケーターがないので、たまにスプロケを振り返り見る。
とりあえず現在の脚力では12-25で十分じゃ。


明日は東の方に走りにいくぜ!!
関連記事




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。